子供が豊かな人生を送るために、

学校の風景

 

私は以前は真性包茎でした。
偶然インターネットで真性包茎を自分で治す方法を知り手術をする事無く真性包茎を卒業する事が出来たのですが、その事を知らなかったら今も真性包茎のままだったかもしれません。

今日は子供の包茎についてお話したいと思います。
男の子のお子さんをもつ親御さんなら一度は必ず直面する問題かと思います。
皆さんはお子さんに包茎の話をした事がありますか?
場所が場所だけになかなかオープンに話し合うのは難しいかと思います。
そういう問題が発生するのは思春期になりますので、
お子さんの方もそのようなについての話題に対しては、敏感になっているかもしれません。

正しい知識を知る機会が無いという現実


現在では学校の性教育の場でも包茎については一応説明がある様です。
私の学生時代では包茎という言葉は一切出てきませんでしたので、少しは時代が進んだのかもしれません。
ですが具体的な対策までは触れていないのが現実です。
ですので子供が「もしかしたら自分は包茎なのかな?」と思ってもそれが真性包茎であるのか、仮性包茎であるのか、また治療が必要なのか、必要でないのかよく分からないというケースがある様です。
yahoo知恵袋などを見てもそのような質問をたまに見かけます。
つまり学校の教育の場だけでは、情報量が足りないという事ですね。
では子供はこの問題にどう向き合っていけば良いのでしょうか?
自分で調べる、それとも友達同士で話し合う・・・・
それでは間違った知識を信じ込んでしまう可能性がありますよね。

家庭で出来る事


男の子の問題ですし、こういった話題は女性からは話しづらいかと思います。
またお子さんの方も母親に相談するのはかなり抵抗があると思います。
やはり包茎についてのアドバイスは父親の役目なのではないでしょうか?

とはいえデリケートな場所の話題ですので、
子供は恥ずかしがって話すのを嫌がるかもしれません。
ですがもしお子さんが真性包茎やカントン包茎であった場合、将来 正常な性行為が出来ない可能性があります。
またこういった事をコンプレックスに思ってしまうと人間的な成長の妨げにもなるかと思います。
恋愛に対して消極的になってしまったり、
修学旅行に行くのが嫌だと思ってしまう(皆で入浴する機会があるため)
恋愛や修学旅行などは本来は楽しむべきイベントです。
青春時代の大切な思い出として人生の財産なのではないでしょうか?
包茎は先天的なものですので適切な治療をすれば恥ずべき事は何もないのです。
簡単な治療で解決できる問題です、お子さんにコンプレックスを持たせないであげて下さい。
また衛生面で考えてもこの二つの包茎は早い段階で治療をしておいた方がいいです。
(仮性包茎の場合は治療は必要ありません。)

この二つの包茎の原因は包皮口が狭いという先天的な事が原因です。
中学生になっても勃起した状態で全く皮が剥けない場合、真性包茎の可能性が高いと思います。
また剥けても亀頭が締めつけられて痛いという場合はカントン包茎の可能性が高いです。

この二つの包茎は手術をしなくても自分の力で治す事が出来ます。

期間は約2カ月半位かかりますが、一番リスクの少ない方法だと思います。
私自身もこの方法で真性包茎を克服しました。
詳しくはトップページに記載してありますのでご覧になって下さい。

トップページはコチラ

最後までお読み頂き有難うございました。
あなたのお子さんが明るい未来を送る事を心よりお祈り申し上げます。