キトー君とムケル君

そっくりだけど、違いはあるの?

海辺の画像


沢山のwebサイトの中から当サイトをわざわざご訪問下さいまして有難うございます。
当サイトは真性包茎やカントン包茎は自分で矯正できると言う事をお伝えするために設立したサイトです。
皆さんに少しでも有用な情報を発信出来たらという思いで運営しております。
皆さんのお役に立てれば幸いです。

今日は真性包茎を自分で矯正するための器具である「キトー君」と「ムケル君」の違いについてお話したいと思います。

ちなみに私はキトー君で真性包茎を矯正しました。
キトー君の存在を知ったのは「手術をしないで、真性包茎を矯正する方法はないものか?」と調べていたところ、インターネット上で偶然キトー君を見つけたのがきっかけでした。
あの時 偶然キトー君を発見出来なければ今も真性包茎だったかもしれません。
当時はまだムケル君はインターネット上でも見かける事は無かったと思います。
少し話が脇道にそれましたね(笑)
では本題に入りましょう。

機能の違いについて


「キトー君」も「ムケル君」もとてもシンプルな原理で真性包茎を矯正する器具です。
狭い包皮口を器具をつかって広げる事により亀頭が露出する様になる。
というとても単純な原理です。
ですので機能自体は全く同じと考えて良いかと思います。

キトー君の画像


上の写真は自宅に到着したキトー君を写真に撮ったものです。
グリップを握ると先端の部分が開きこれにより包皮口を広げていきます。
キトー君デラックスの場合グリップを握り先端を開いた時開いた状態をキープするためのストッパーがついています。
キトー君とムケル君の違いはこのストッパーの仕様が少し異なるというのが唯一の違いかと思います。

ですが私個人の意見ですが、このストッパーは特に必要ないんじゃないかな?
と思います。
グリップの開き具合は自分の力加減で調整したほうが使いやすいのではないか、というのが実際に使用した私の個人的感想です。
ちなみにキトー君通常版は9800円でデラックス版より3000円程安いのですが、このストッパーはついていません。
これが値段の違いになっているかと思いますが、
少しでも安い方がいいという方は通常版で十分かと思います。

結論から言いますとキトー君でもムケル君でも真性包茎は矯正できると思います。

アフターサービスの違い


「キトー君」も「ムケル君」も返金保証制度がついています。
もし効果が無かった場合全額返金と、その場合保険適用で手術を受けた場合に限り手術費用も補償するというものです。
この点は同じです。
ですが購入後使い方などの問い合わせに対する対応に関してはキトー君の方の方が若干有利かなと思います。
これはキトー君の方が運営歴が長いという点に理由があるかと思います。
キトー君の販売開始は2004年でムケル君の販売開始は2013年です。
キトー君の方が10年近く長く運営してる事になります。
その間、それだけ多くの人の問い合わせに対応してきた歴史がありますので、真性包茎を自分で矯正するというテーマに関しても、それだけ多くの情報を持っているはずです。

とはいえキトー君もムケル君も使い方はいたってシンプルです。
キトー君に関しては実際使用した私が使い方や注意点を過去記事でまとめていますので、そちらをご覧になって頂ければ、分かり易いかと思います。

>>キトー君の使い方part1
>>キトー君の使い方part2

この二つの記事を読んで頂ければ使い方に関してはほぼ疑問点は残らないかと思います。

値段の違い


ムケル君は種類は一種類で値段は12800円です。
キトー君は通常版とデラックス版の二種類あり、
通常版が9800円、デラックス版は12800円です。

少しでも費用を抑えたいという方はキトー君の通常版で十分かと思います。
グリップを開いた時、グリップを固定するストッパー以外の機能は全く同じですので、特にデラックス版より通常版の方が使いにくいなどの機能の差はないと思います。

結局 どちらがいいのか?


キトー君もムケル君もシンプルかつ優れた器具であると思います。
どちらを使っても真性包茎は矯正出来ると思いますが、
あえてどちらかを選ぶとすれば、キトー君を推薦させて頂きます、

これはあくまで個人的な理由ではありますが私自身がキトー君を使い真性包茎を矯正した経験がありますのでキトー君の事を良く知っているというのが理由の一つです。
また運営歴の長さに対する信頼性も一つのポイントかと思います。
長い期間、その商品で会社を運営してきたという事実はアフターサービスを含めたその商品に対する購買者の支持があっての事だと思います。

ですがキトー君もムケル君も真性包茎を矯正する考え方は全く同じです。
器具の機能も複雑な構造は無くとてもシンプルですのでどちらかの器具でなければ真性包茎を矯正出来ないという事はないかと思います。

入手方法について


キトー君もムケル君も店頭販売はされていませんので、インターネットを使った通販という形になります。
楽天や様々なECサイト等で入手できますが、
調べたところ何処で購入しても値段は同じです。
アフターサービスの事を考えると公式サイトから購入するのが間違えがないかと思います。
キトー君の場合ですと、キトー君を扱っている合資会社イーストウッドさんのホームページが公式サイトになります。

>>キトー君の公式サイト

キトー君の公式サイトの画像

上の画像はキトー君公式サイトの画像はキャプチャしたものです。
上記したリンクよりキトー君公式サイトに行けますので、そちらより注文する事が出来ます。

注文の仕方が分からないという方は過去記事にてキトー君の注文方法を解説していますのでそちらをご覧になって下さい。


>>キトー君の注文方法

ムケル君の公式サイトは?


ムケル君に関しましては私自身が購入した訳ではありませんで、私自身の体験談をお話する事は出来ないのですが、調べたところ株式会社スタンドオフジャパンさんが運営するmukerukun-shopというサイトが公式サイトになります。
下記リンクを貼っておきますね、

>>ムケル君の公式サイト

ムケル君の公式サイトの画像


上の画像は公式サイトの画像をキャプチャしたものです。
商品画像をクリックしますと画面が申し込み画面に切り替わりますので、商品の数量が1になっているのを確認し、ADD TO CARTをクリックしレジ画面に進み必要事項を入力して注文出来る様です。

最後に


キトー君とムケル君の違いの説明は以上になります。
今現在日本では真性包茎を自分で治す事が出来るという事実はあまり知られていません。
教育機関でも医療機関でも手術で治すと言う考え方が一般的の様ですが実際に手術をしないで矯正出来た私としては、自分で治す方法が経済的にも身体的にも負担が少ないのでお勧めです。
真性包茎を自分で治す事の出来る器具は現在のところキトー君とムケル君の2つのみです。
私の調べる限り他の類似商品は見つかりませんでした。

最後まで記事を読んで頂きまして有難うございました。
当サイトの情報が真性包茎やカントン包茎で悩む少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

湖の夜景