根部環状切除術(バックカット手術)について

根部環状切除術(バックカット手術)について解説するページです。

ベイブリッチの画像


インターネット上の沢山のサイトやブログの中からわざわざ当サイトにご訪問下さいまして有難うございます。
当サイトは真性包茎やカントン包茎、包皮輪狭窄型仮性包茎で悩む方のためのサイトです。

私自身以前は真性包茎でしたが、自分の力で病院に掛かる事なく真性包茎を克服する事が出来ました。
その際に真性包茎は手術をしなくても自分で治せるという事を身をもって体験しました。
真性包茎と原因が同じであるカントン包茎や包皮輪狭窄型仮性包茎にも同じ事が言えるかと思います。
つまり自分で治せると言う事です。
その事を少しでも多くの方にお伝えするために当サイトを設立しました。
当サイトが包茎で悩む多くの方のお役に立てれば幸いです。

さて今日は根部環状切除術(バックカット手術)についてお話したいと思います。

この術式がどんな手術なのか?
又どんな包茎の症状に有効なのか?
またメリット、デメリットについて知りたいという方につきましてはこの記事がお役に立てると思いますので参考にしてみて下さい。

この記事を読むのにかかる時間は10分程です。

根部環状切除術(バックカット手術)はどんな手術なのか?


まずこの術式の概要をお話する前に、一つ確認したい事があります。
真性包茎の原因である狭い包皮口に最小限の切開を行い包皮口を広くする手術があります。

この手術を背面切開術といいますが、稀にバックカットと呼ばれる事があり根部環状切除術の事と勘違いされる方がいらっしゃる様ですがこのページで説明するのは背面切開術の事ではありませんのでご注意下さい。

背面切開術について知りたい方は過去記事にて説明していますのでそちらをご覧ください。

>>背面切開術について

根部環状切除術(バックカット手術)の特徴と概要


では具体的な手術の内容について説明していきたいと思います。
この手術の特徴はなんと言っても亀頭付近の包皮にメスを入れない事が特徴です。

亀頭付近は包皮小帯などの性感帯も近くにあり包皮を切除してしまう事により性感が鈍ってしまうなどのリスクがあるのです。
また亀頭付近にメスを入れた場合、傷跡が目立ち易いなどのデメリットがあります。

根部環状切除術(バックカット手術)ではペニスの根元部分の包皮を切除します。

根部環状切除術(バックカット手術)で切除する部分


上の図をご覧になってみて下さい。
赤丸で囲った部分が根部環状切除術(バックカット手術)で包皮を切除する範囲です。
つまり根元部分の包皮を文字通り環状に切除します。
そうする事により性感が失われにくく、又ペニスの根元部分で縫合するため陰毛に隠れ傷跡が目立たないのです。

この点がこの術式のメリットと言えるかと思います。

どんな包茎に有効なのか?


この手術方式では亀頭付近の包皮にメスを入れる事はありません。
つまり包皮口付近には手を付けない事になります。

ですが真性包茎やカントン包茎、包皮輪狭窄型仮性包茎の原因はペニスの先端部分にある包皮口が狭い事が原因です。
つまり皮の先っちょの部分が狭いため大きな亀頭につっかえて亀頭を露出できない訳です。

この手術方式では包皮口にはメスを入れませんので、包皮口の大きさが十分である必要があります。
ですので根部環状切除術(バックカット手術)が有効なのは仮性包茎の場合のみという事になります。

真性包茎やカントン包茎には有効ではないという点がこの術式のデメリットであると言えます。またペニスの根元部分で縫合するため陰毛により術後の入浴の際、患部を濡れにくくするのが困難など術後の管理が難しいというデメリットもあります。

真性包茎やカントン包茎の場合は?

包皮口が狭い症状の場合は亀頭直下埋没法か環状切除術という手術方式が一般的かと思います。
ですが手術をしなくても包皮口は自分で広げられる場合がほとんどです。

キトー君という器具を使いますがこの器具はイギリスでは医療用の器具として採用されています。
またアメリカ等海外でも広まって販売されています。

当サイトのトップページにて詳しく説明していますので、手術をしないで治したいという方や病院に掛からずに自宅で治したいという方は参考にしてみて下さい。
私自身の体験談です。

>>真性包茎の治し方トップページはコチラ


仮性包茎の場合でも勃起すると自然に皮が露出する場合は手術は特に必要無いかと思います。
そもそも日本人の7割の方が仮性包茎と言われています。
男性機能上も仮性包茎は全く問題なく本来手術は必要ないのです、そのため仮性包茎の手術には健康保険が適用されないのですね、

勃起した状態でも手で剥かないと皮が剥けず、また勃起した状態でも皮が戻ってしまう場合、包皮つまり皮が長すぎるのが原因かと思います。
こういった場合は根部環状切除術(バックカット手術)は有効かと思いますが、セックスの際に痛みを感じる場合や余った包皮がかぶれるなど日常生活に支障をきたさないのであれば、基本的に手術は必要無いと思います。
用を足す時は皮を剥いて亀頭を露出させて用を足す、又入浴の際は必ず皮を剥いて亀頭を洗う様にするなどの事に気を付けていれば衛生面でも問題はありません。

この術式で手術を受けた場合、術後のマスターベーションの仕方によっては皮が再び伸びてしまい元の状態に戻ってしまうケースがあるようですので、皮を伸ばす様なマスターベーションの仕方をしている方は注意が必です。

現在医療機関ではこの術式はあまり採用されていない様です。
理由は傷口が陰毛付近になるため、術後の管理が難しく感染症などのリスクも高まるため医療機関としても取り扱いにくいためと思われます。

最後に


根部環状切除術(バックカット手術)についての説明は以上になります。
当サイトの情報はお役に立てましたでしょうか?
今後も訪問して下さる方にお役に立てる情報の発信を心がけて参りたいと思います、包茎で悩む少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

記事を最後まで読んで頂きまして有難うございました。

夕日の画像