真性包茎は絶対治さなきゃダメ?


真性包茎はやはり治さなければいけないのでしょうか?
真性包茎ではセックスは出来ないのでしょうか?
世間一般では真性包茎の人は痛みでセックス出来ないと言うような先入観があるようですが、
これは誤りです。
包皮に包まれた亀頭はとても敏感ですが、セックスの時も亀頭は露出しませんので痛いからセックス出来ないという事はありません。
亀頭と包皮が完全に癒着してしまっている場合は、セックスした時に亀頭に痛みを感じるかと思います、痛くてセックスは出来ないと思います。しかし真性包茎の方の多くはこういった癒着タイプの真性包茎では無いので
セックスは出来ると思います。
なので、私の場合もそうでしたが、ついつい問題意識を先送りにしてしまいがちかと思います。

ですが私はやはり真性包茎はなるべく早く治した方がいいと思います。



真性包茎を克服して良かったと思う事


私は以前は真性包茎でしたが、キトー君という器具を使い、真性包茎を治しました。
真性包茎を治して一番良かったと思う点は真性包茎というコンプレックスから解放されたという点だと思います。
それまでは例えば友達と旅行に行く時や銭湯に行く時、健康ランドに行く時、
又は彼女が出来そうになった時などに

自分は真性包茎なんだ・・・

という事が頭をよぎるのです。そして不安になります。
普通なら楽しいであろうはずの事が素直に楽しめない、というのは人生にとってとても損なことだと思います。
私は真性包茎を克服出来てとても嬉しかったのですが、
と同時に自分の過去を振り返って時間がもったいなかったな、と思いました。
ですので真性包茎はなるべく早くに治した方が良いと思います。

勿論 衛生面で考えても真性包茎は治したほうがいいです。
亀頭を露出することが出来れば亀頭を洗う事ができますので、亀頭を清潔に保つ事が出来るのです。
亀頭を洗う事が出来ないと亀頭と包皮の間に残った尿などが臭いを残します。
雑菌などが繁殖する原因にもなります。

単純に言うと真性包茎を治すと気になる臭いがなくなります

例えば女性とのセックスの局面で考えても気遅れする事が無くなるかと思います。
手術と考えると敷居が高く感じるかもしれませんが、当サイトは手術をしないで真性包茎を治す方法をお伝えするためのサイトです。
真性包茎は手術をしなくても自分で治す事ができますので、
当サイトの情報をお役立て頂ければと思います。
具体的な方法はトップページをご確認下さい。

トップページはコチラ

最後まで読んで頂いて有難うございました。



このエントリーをはてなブックマークに追加