カントン包茎と健康保険

保険が適用される場合とされない場合

レインボウブリッジのイメージ画像


インターネット上の沢山のブログやサイトの中からわざわざ当サイトにご訪問下さいまして有難うございます。
当サイトは真性包茎やカントン包茎で悩む方のためのサイトです。

運営者である私自身も以前は真性包茎でした。
ですが約2カ月半の期間で自分で矯正する事が出来ました。
私自身の体験が真性包茎やカントン包茎で悩む方のお役に立てるのではないかと思い当サイトを運営しております。

さてこのページではカントン包茎と健康保険についてお話したいと思います。

「カントン包茎に保険が適用されるのか知りたい」
「カントン包茎の治療費について知りたい」
「カントン包茎は自分で治せるのか?」

こういった疑問をお持ちの方はこのページがお役に立てるかと思います。
10分程で読み切れる内容ですので一読して頂ければと思います。

健康保険が適用される場合とされない場合があるのは何故なのか?


真性包茎を総合病院の泌尿器科や泌尿器科専門の病院等の医療機関で治療を受けた場合はほとんどの場合は健康保険が適用されるのが一般的な常識となっています。

ではカントン包茎の場合はどうでしょう?
カントン包茎は漢字で書くと嵌頓包茎と書きます。
この漢字の意味は戻らないという意味です。

つまり無理に皮を剥いてしまい戻らなくなってしまった状態を指します。
この状態になってしまう原因はペニスの皮の先端部分に位置する包皮口が狭い事が原因です。
そのため皮が戻らない状態が長時間続くとペニスが締めつけられて血流を止めてしまい危険です。

この状態で泌尿器科に掛かった場合、戻らなくなった包皮を元に戻すとともに、再びこの状態にならないために手術をしましょうという話の流れになり、手術を受けた場合は健康保険が適用されるか思います。

保険適用で手術を受けた場合の費用の目安


この場合、通院費や薬代などの諸々の費用を含めて、3万円から5万円位の費用を相場と考えるのが一般的かと思います。

どんな時に健康保険が適用されないのか?


包皮口が狭く無理に皮を剥くとペニスが締めつけられてしまう場合でも自力で皮を元に戻せる場合もあります。
こういった症状を包皮輪狭窄型仮性包茎と言いますが、原因はカントン包茎と同じですし症状も似ています。
ですので包皮輪狭窄型仮性包茎が発展してカントン包茎になるとも言えます。

この状態で泌尿器科に掛かる場合、稀に仮性包茎と診断されるケースがあるようです。
仮性包茎は男性機能上は全く問題の無い包茎とされているため健康保険は適用されません。

そうしますと自由診療扱いとなるため掛かる費用は割高になってしまいます。
自由診療で手術を受けた場合は10万円位の費用を相場と考えるのが一般的かと思います。

ですが勃起時に皮を剥いた時締めつけを感じるのであれば正常な性行為に支障をきたす可能性が高いですし、普通に考えれば保険適用で診察するのが良心的だと私は思います。

カントン包茎を自力で治した場合


カントン包茎は自分で自宅で矯正する事も可能です。
手術で治すというのが世間一般では通説ですが、私は真性包茎を自分で矯正しました。

真性包茎とカントン包茎の原因はペニスの皮の部分の先端部に位置する包皮口が狭いためです。
そのため真性包茎の場合ですと勃起時も非勃起時も皮を剥いて亀頭を露出する事が出来ません。
カントン包茎の場合は無理に皮を剥いてしまうとペニスが締めつけられてしまう訳です。

ですが逆を言えば包皮口を広げる事が出来ればこの二つの包茎は矯正出来るという事になりますね、

人間の皮膚は伸ばせば伸びるものですので、実はこの二つの包茎の原因である狭い包皮口も簡単なトレーニングをすることで自分で広げる事が出来ます。
実際に私は真性包茎を約2カ月半の期間で矯正する事が出来ました。
真性包茎を治す事ができるのであれば原因が同じカントン包茎も当然治す事が出来るという事になりますね、

この時包皮口を広げるための専門の器具である「キトー君」を使います。

キトー君の使い方のイメージ画像


上の画像は「キトー君」の公式サイトの画像をキャプチャさせて頂いたものです。
使い方としてはこの写真を見て頂ければ簡単にイメージして頂けるかと思います。

私が実際に使用した「キトー君」


写真は私が実際に使用した「キトー君」です。
キトー君の値段は通常版が9800円、デラックス版が12800円です。
デラックス版にはグリップを開いた時に好みの位置で固定するストッパーが付いています。

この器具を買った場合ですが、病院に掛かる訳ではないので健康保険は適用されません。
ですが保険適用で手術を受けた場合と比べても掛かる費用は経済的ですし、なによりメスを入れませんので痛みがほとんどありません。
また後遺症などのリスクもありませんので期間が掛かっても手術に抵抗があるという方にはお勧めです。

私自身はこの方法で矯正して本当に良かったと思っております。
そのため当サイトでも紹介させて頂いている訳です。
「キトー君」の詳細情報に関しては下記に公式サイトのリンクを貼っておきますね

>>「キトー君」の公式サイトはコチラ

使用方法に関しましては過去記事にて詳しく説明していますので興味のある方は参考にして見て下さい。

>>過去記事はコチラ

美容外科系クリニックで手術を受けた場合


総合病院の泌尿器科や泌尿器科専門のクリニックではなく美容外科系クリニックで包茎手術を受けた場合は健康保険は適用されません。
美容外科系クリニックの場合は機能上の問題だけではなく、傷跡が残らない様に配慮したり術後ペニスがツートンカラーになってしまうのを防ぐなど見た目も重視します。

そのため自由診療扱いとなるため健康保険が適用されないのです。
当然掛かる費用も割高になります。

掛かかる費用の目安


美容外科系クリニックの最王手である「上野クリニック」さんの場合で掛かる費用は18万2千円でした。
ちなみに「東京ノーストクリニック」さんの場合で12万円、
「本田ヒルズタワークリニック」さんの場合で30万円でした。

他の同業他社さんと比較してもだいたい上記した値段を相場と考えて問題無いかと思います。
ですので明らかに相場と比べて高すぎる金額を提示された場合や亀頭増大などのオプション手術を強引に勧める様なクリニックには注意が必要です。

まとめ


カントン包茎と健康保険の適用の有無、また治療に掛かる費用についての説明は以上になります。
当サイトの情報はお役に立てましたでしょうか?
記事を最後まで読んで頂きまして有難うございました。

湖のイメージ画像