彼氏、夫の真性包茎

面と向かっては言いづらい彼氏や夫の真性包茎

真性包茎の彼氏に悩む彼女


「そういう事はあまり詳しくはないんだけど、もしかしたら私の彼氏は真性包茎なのかな?」

私は以前は真性包茎でした、キトー君と言う器具を使い真性包茎を克服することが出来ましたが、長い時間、真性包茎というコンプレックスとともに過ごしてきました。
このサイトは真性包茎で悩む人に真性包茎は手術しなくても治るという事をお伝えするために作りました。
なので男性目線からのお話になってしまいますが、
真性包茎で悩む男性の気持ちはよく分かりますので、

「彼氏に真性包茎を治して欲しいんだけど、どう話を切り出していいか分からない」

という方に、お役に立てるアドバイスが出来るかもしれません。

気になるのは臭い?

女性目線で考えて真性包茎で一番気になるのは臭いなのではないでしょうか?
真性包茎の場合、皮を剥いて、中の亀頭を洗う事が出来ないため、尿などの成分が包皮と亀頭の間に残ることとなり、独特の臭いを発してしまいます。

それだけではなく亀頭を清潔に保つ事ができないため、
亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖してしまう事になり、女性にとっても感染症や子宮頚癌などのリスクを高めてしまうのです。
なので男性にとってもエチケットとして真性包茎はやはり治した方が良いという事は言うまでもありません。

本人が打ち明けてくれない場合


本人が「実は俺、真性包茎なんだ。」
と打ち明けてくれれば、相談にも乗れるのですが、打ち明けてくれてない場合
余計、話題に出すのも気が引けてしまうのではないでしょうか?

私の場合もそうでしたが、真性包茎の男性は真性包茎である事に対して強いコンプレックスを持っている事が多いです。
真性包茎とはある意味で肉体的なハンディキャップを負っている事にもなりますし、
本人にとってもとてもデリケートな問題なのです。

「手術すればいいじゃん」

と言った様な唐突なアプローチのし方はNGかと思います。
デリケートな問題である事を前提にした上で
なによりそういったデリケートな事もお互いに話し合える信頼関係を彼氏さんとの間に築けるという事が大切な事なのではないかなと思います。

真性包茎は治した方が良い、治す事が出来る、一緒に考えて治していこうね

と言う様なアプローチで少しずつ話を切り出していくのが良いかと思います。

真性包茎は手術をしなくても治す事が出来る


真性包茎を治療する上で一つの高いハードルになっているのは手術ではないかと思います。
私の場合もそうでしたが「真性包茎は治したいんだけど手術は痛いに違いない」という恐怖が問題を先送りにしていました。
実際に手術をした場合、麻酔が切れたらかなり痛いはずです。
これは今まで包皮に守られていた亀頭がいきなり完全に露出してしまうためで、
パンツを履く際など繊維に触れただけでもかなりの痛みが走るはずです。
術後 普通に日常生活を送るのはかなり困難なのではないかなと思います。

ですが真性包茎は手術をしなくてもほとんどの人が治す事が出来ます。

私自身手術をせずに真性包茎を治す事が出来ました。
ちなみに私はかなり重度の真性包茎でした。
この方法ではキトー君と言う器具を使うのですが、自分の力で少しずつ自然に真性包茎を治していく方法なので痛みもほとんどありませんでした。

手術で治療する場合、体にメスを入れる訳ですから、包皮を切り過ぎてしまうなどのリスクもあります。
費用の面で考えても、体の事を考えても一番負担の少ない治療方法だと思います。

世間一般では真性包茎を手術無しで治せると言う事実はあまり知られていません。

なのであなたの彼氏さんや旦那さんは真性包茎は手術しないと治らないと思っている可能性が高いと思います。
手術というと腰が引けてしまうかもしれませんが、
自分で治せると分かれば積極的にチャレンジするかもしれません。
是非あなたの彼氏さんや旦那さんに真性包茎は自分で治せるという事を教えてあげて下さい。

詳細はトップページに記載してありますので、興味ある方は確認してみて下さい。


トップページはコチラ


最後までお読み頂きまして有難うございました。
あなたの彼氏さん、旦那さんが真性包茎を克服される事を心よりお祈り申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加