キトー君経験者が語る注意点やコツとは?

キトー君の使い方のイメージ画像


インターネットの大海原の中から当サイトにご訪問頂きありがとうございます!
キトー君で真性包茎を卒業した管理人のTakashiです。

この記事ではキトー君の使い方、注意点や早く矯正するためのコツなどについてお話ししますね、

キトー君は真性包茎やカントン包茎の唯一の原因であるペニスの皮の先端部、包皮輪を広げるための器具です。
下の画像はキトー君のオフィシャルサイトの画像をキャプチャさせて頂たものですが使い方はいたってシンプルです。

キトー君のイメージ画像


画像の様に狭い包皮輪を広げていく訳ですが、私が実際に使ってみた上で幾つか注意点がありますのでお話ししますね、

キトー君を購入する場合は正規品がオススメ
もしキトー君を購入する場合はキトー君を手掛けるツルマキさんが運営するオフィシャルサイトから購入する事をお勧めします。
オフィシャルサイト経由で申し込むと、もしキトー君で効果を感じられなかった場合に代金全額を返金してもらえる返金保証とその際に健康保険適用での手術費用も保障してもらえる手術代金保障制度などの手厚いアフターサービスが付きます。

インターネット上にはオフィシャルサイトと勘違いする様な表現をしている通販サイトや広告もありますのでご注意下さい。
下記にオフィシャルサイトへのリンクを貼っておきますね


グリップを握るとキトー君が皮から外れてしまう


私が初めてキトー君を使った時ですが、先程の画像の様にキトー君の先端部を包皮の中に差し入れ、グリップを握ると、キトー君の先端部が開くとともに、キトー君がスルリと皮から外れてしまいました。
何回やってもキトー君の先端部が開くと皮が逃げてしまいキトー君が包皮口から外れてしまうので焦りましたが、この点に関しては試行錯誤するうちに簡単な解決方法が見つかりました。

グリップを握る時にキトー君が皮から外れない様にグリップを握る手と反対の手で軽く押さえてあげるとキトー君が皮から外れません、
右手でグリップを握るのであれば左手の親指と人差し指で皮を軽く押さえてあげると良いです。

キトー君を使って皮を広げる時はどのくらい負荷をかければいいのか?


皮は急に伸びる訳ではありませんのでやり過ぎると包皮を痛めてしまう可能性があります。
柔軟体操やストレッチも急にやり過ぎると筋を痛めたりするのと同じですね、
力加減に関しては使っているうちに体で分かってくるかと思いますが私が意識していたのは

痛くない程度の力加減です。

「痛いっ」と感じる様ですと少しやり過ぎだと思います。
私も早く治したいと思うあまりやり過ぎてしまったことが何回かありましたが、次の日皮がヒリヒリしました。

そういった日はトレーニングはお休みにして、私の場合ですとハンドクリームをヒリヒリする部分に塗っていました。

そんなに頑張らなくても包皮輪は広がっていきますので、無理せず継続することにが大事だと思います。

キトー君の使用頻度や使用時間について


オフィシャルサイトで推奨されているキトー君の使用頻度は1日に2回、30分程度とされています。

ですが30分間トレーニングするのがシンドイと感じる方もいらっしゃると思います。
私も1日に2回、30分間トレーニングするのは時間を確保するのが大変でしたので平均すると1回のトレーニング時間は20分間程度にしていました。
それでも皮は伸びましたので30分間にこだわる必要はないと思います。

トレーニングが苦痛になってしまうと続かないと思いますし、時間は短くても毎日継続する事の方が大事だと私は思っていました。

夜は入浴後に使うのがオススメ


入浴後は体が温まり、皮も伸びやすくなっているので夜は入浴後にトレーニングするのがオススメです。
自宅がユニットバスの場合は湯船に浸かるというのが難しいかもしれませんね、
そういった場合はシャワーを浴びた後ということでOKです。
シャワーを浴びる際は少し温度を高めに設定すると体が温まって良いかと思います。
私も自宅がユニットバスでしたので夜はシャワーを浴びた後にキトーを使っていました。

柔軟体操やストレッチなども入浴後に行うと効果的だとよく言われますね、
それと同じ原理だと思います。

どの位広がったら矯正は終わりなのか?


キトー君のオフィシャルサイトではキトー君の先端部が最大限まで開く様になったらOKとされていましたが、これは個人差があるかと思います。
ペニスの大きさは人それぞれだからです。
ちなみに私は勃起した状態で亀頭の根本まで皮を無理なく剥けるようになった時点でキトー君でのトレーニングを終わりにしました。

勃起した状態で皮を剥いても締め付け感や違和感を感じなくなったら矯正は終了と考えて良いと思います。

キトー君はグリップを握り先端部を最大限まで開くと約5センチ程になります。
亀頭の直径が5センチ以上の人は普通に考えてあまりいないと思いますので、最大限まで開く様になっても広がりが足りないという事は無いと思います。

真性包茎の場合は亀頭を外気に慣らすトレーニングをしよう


真性包茎の場合初めて亀頭が顔を出した際、亀頭はかなり敏感です。
これは亀頭が包皮に守られていたため外気に慣れていないためです。

不用意に指で触れたりすると痛いかもしれません。亀頭が慣れるまでは皮を被せておけば痛みは感じませんので痛い様でしたら普段は皮を被せておくと良いと思います。
私もそうしていましたので仕事など、日常生活に影響することはありませんでした。

最初は敏感な亀頭ですが2週間もすれば慣れますので心配しなくても大丈夫です。
私の場合は亀頭が早く慣れる様に簡単なトレーニングを自分で考えてやっていました。
過去記事にて詳しく説明していますので興味のある方は参考にしてみて下さい


キトー君は使ったら必ず洗って清潔に保管しよう


キトー君は包皮の中に差し入れて使う訳ですが亀頭と包皮の間は雑菌がたまりやすい場所でもあります。
また尿や精液の成分も残っている場合がほとんどです。
真性包茎の場合皮を剥いて亀頭を直接洗うことが出来ないからですね、
ですのでキトー君は使ったら洗って綺麗なビニール袋などに入れて保管するようにしましょう。

家族と同居していて洗面所でキトー君を洗ったりしにくい場合、市販の除菌シートで綺麗に拭いてあげれば良いと思います。

キトー君を保管するビニール袋ですが、私はコンビニなどで売っているジップロックに入れて保管していました。
ジップロックとは食品等を保存するためのチャック付きの厚手のビニール袋です、

まとめ


キトー君を実際に使ってみて私が感じた注意点やコツは以上です。
後はトレーニングをサボらずに続ける事が大事だと思います。
実際に皮が広がっているのを実感できるとトレーニングも苦じゃなくなると思います。

私も最初は半信半疑でしたが初めて亀頭が少しだけ顔を出した時は「このトレーニングを続けていれば真性包茎を克服できる!」と実感しました。
それからはトレーニングも苦じゃなく楽しく続ける事が出来ました。
1週間もすれば皮が伸びているのが実感できるかと思いますので、最初は慣れないかもしれませんがまずは1週間続けてみて下さい。
続けていればキトー君でのトレーニングも日常の習慣になりますので楽になります。

それでは記事を最後まで読んで頂きまして有難うございました!
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ご訪問有難うございました